本文へスキップ

見出し家具の運び方


引越の作業を自分でやってみると、家具類などを移動するのはそれほど筋力が必要無いことが若っいます。2人で移動する時に問題になるのはバランスなのです。

特に、狭い階段を上げ下げするときには、少し力を入れると家具類が傾くし、早く進めてしまうと角が壁に接触してしまうのです。バランス良くスムーズに移動させて行く方法を鍛えていく必要が有るのです。

ある程度要領が分かってくると移動スピードも上がるのですが、傷をつけずにスピーディーに動く方法が分かるまでは緊張するし、気疲れしてしまうのです。

ゆっくり作業をする時間が長くなると、筋肉のパワーを余計に消費する事になるので、何倍も疲労度が蓄積していく状態になってしまいます。これを避けるためにも、なるべく小さな物から移動し、狭い道を移動する時のバランス感覚が慣れるようにするのです。

何度か引越し作業を繰り返すよりなると、最も良い作業の段取りが見えてきます。早めに下ろした方が良い箱と、邪魔になるので奥にしまっておき、最後に積載した方が効率が良いものがあります。

このように引越し作業を何度も経験する事によってスムーズに積み込むことが可能となるし、筋力もあまり使わずに作業を進めていくことができるのです。

ナビゲーション