本文へスキップ

見出し住み替え問題

母と私は仲が良くなって、このままどうなるのかと、危ない予感を感じたわけで、家で過ごす時間を減らすように努力する日もあるのです。実家で過ごせば楽々だとわかっています。家にお金を入れてあげて、助け合いで良い流れを維持して、家族内の貯金を増やす作戦は、ある意味で一つの選択肢です。私がどこに住むか?両親と、どの程度の距離をキープし、老後へ向こうか!?こんな風に、未来へ向かって様々なイメージトレーニングを行う機会も増えてきたのです。
昔に建てた今の実家も、老朽化していることを誰もが認めるほどの現状です。本来ならば、リフォームとか他の手段も、常識な範囲内で実行すべきだと気がついています。

新たな目線で、中古マンションなどへの引越し実現という選択肢が、最近になって新たに増えました。私たちの財布の事情も関係してくるので、やたらなことは私も言えなくなってきています。昔ならば60歳過ぎたら老人扱い、しかし今どきの60歳overな方々は、かなり健康、ピンピンしていて20代や30代でも適わない場合だってあるわけで、子供である私が偉そうに親に向かって住まいに関する提案だけは、簡単に出来そうもないままの今日この頃なわけで、言いたいことも全て言わずに生きている日々が今後も続きそうな状態であります。
理想だけを書くならば静岡県の東側や、大阪・京都・兵庫・岐阜辺りの物件も、引越しの候補として今後は情報収集する意欲が高まっています。このあと10年・20年後は、一緒に住めなくても仕方ない!そういうことなどは、金銭で解決してしまうこともありのように思う日も今までに僅かにありました。あんまり未来を決め付けてしまうと、面白みと楽しさが減ってしまう恐れあるため、私と関わる皆が希望を失わないように、気をつかうべきタイミングも時々は再び訪れるはずだと構えています。

ナビゲーション